exhibition「TIME」から。

HIKARI AKASA
blog ' akasahikari ' 6/1 2011



こんばんは。
今日は2枚です。
a0208997_0442995.jpg

2002年におこなった個展、「TIME」から、二つほど。
これはその時のDMです。
数字は日にちです。12月の12から15日でした。
DMにしたこの絵のもとのサイズはA0くらいです。
茶色がかってますが、
白い紙にくろ1色で描きました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
a0208997_0513586.jpg

もう1枚はこちら。
言葉の意味は、
  哀しみも 不安も いつかは ながれていくよ 
というような意味だったと思います。
この絵も、もとの大きさはA0くらいです。

2000年から2004年くらいにかけて、個展を頻繁にやっていました。
大きい絵がほとんどです。
一番大きいものは、六帖の部屋の、
長い方の壁いっぱいいっぱいの大きさなので
そのころ家中の壁は、絵でうめつくされてましたっけ。。
大きい絵を描く時は立って描くので、ロール紙などを壁に貼って描くんですね。
いきおい余って、紙からよくクレヨンがはみでちゃったりしてました(笑。
夢中で描いてましたねえ、「TIME」のころ。
昼間は働いていたので、仕事終わって家に帰って、それから。
あるいは、出勤の前、朝5時に起きて描いたり。
いつも大音量で音楽聴きながら、自転車走らせて通勤してたんですけど、
かなりスピード出してて、こう研?通りと旧山手通りをとばしてました。
今思うと危ないです、、これからは気をつけます。。
今は自転車乗ってないんですけど。

「TIME」のころは、FISHMANSの LONGSEASONばかり聴いてました。
盛り上がって、最高潮に達して家について、
絵を描く。そんな感じでした。
この時は自転車のスピードが、ポイントで、。
ゆっくりじゃ、だめでした(笑。
きっと、なんか、燃えてたんだと思います、わたし。

台風のあととか、すごい雨が降って嵐が去ったあとの夜の空って、
雲がもくもくと動いてて、
昼間の高いところにある雲と違って、低いところで動いてる。
自分と一緒に動いてるみたいに。周りが暗いから、
雲の白さが浮き立ってるんです。しかも流れる感じで。
空、どの空も好きだけど、
嵐のあとの、白い雲がもくもくと動いてる夜の空、とても好きです。

「TIME」のころの絵を見ると、
そんな、夜の空を思い出します。

今日の2枚でした。
それでは。



a0208997_0502086.jpg

[PR]
by hikaridon | 2011-06-01 01:03 | 制作&日々のこと
<< 展示のお知らせ dandelion ( 東京 ... >>