佐礼谷窯のDM

copyright (c) Hikari Akasa 2015 All Rights Reserved.
12/3  2015


a0208997_23575015.jpg

数年前から、
愛媛の伊予市中山町、佐礼谷という場所で
陶芸を生業にしている叔父の、
年二回開かれる窯開きの展示DMの制作をしています。

今、その窯開きのまっただ中である佐礼谷は、
山の中にあって
とうとう師走をむかえたこの季節の寒さの中、
窯を開いてから25年という月日が流れた
熱のこもった叔父のうつわたちが、
きっとたくさんの方の手に取られていることと思います。

わたしが制作に関わる以前から、
展示はがきには
写真はなく、
叔父の文章が全面に入る、という
陶芸のDMにしてみると、一風かわった赴きのものでした。

そしてわたしが制作するようになってからは、
文章とともに、わたしの挿絵が入っています。

今年は、
叔父が窯を開いて、25年。
25周年、初冬の窯開きです。

今回の
叔父の文章の中に、
「無常」、
ということばがでてきますが、
39歳で陶芸の道に入った叔父の、
それまでの人生と、そしてそこからの人生を思うと、
この言葉のおもみが
ひしひしと伝わってきます。

ものつくりは、
抱えきれない何か、それは想い、といったらいいのかもしれませんが
そんなどうのしようもない何か、を
自分の中、人生に発見し、そこを歩み進むための術。
と、わたしは思っています。

数々の者を、見送ってきた、
見送らざるをえなかった
叔父の人生とは
一体どんなものなのか。
土との対話は、
そんな見送ったものたちとの対話でもあったにちがいなく、
来る日々は、

青く澄んだ空 

ふき荒れる嵐 

風が音をたててとおりすぎる

そんな情景とともに
ことばにならない思いが
原動力となり、
25年という年月をかさねたのではと
思います。

叔父の創るうつわたちは、
そんな日々の情景そのものかもしれない、と感じます。
素朴で、
力強い、
生活のうつわ。
人の暮しそのもの。

来年こそは、
このblogで
叔父の、佐礼谷窯の仕事をご紹介したいです。
現地へ行って!

機会などもしあれば、
佐礼谷窯へぜひ訪ねていただけたらうれしいです☆



a0208997_23583457.jpg

[PR]
# by hikaridon | 2015-12-03 00:02 | 制作&日々のこと

magaliのサイト、Newupしました!

copyright (c) Hikari Akasa 2015 All Rights Reserved.
11/30  2015

a0208997_3575239.jpg

magaliのグッズのサイト、
magali by Hikari Akasa
New Upしました。
一体どこでグッズは買えるんですか、というお声をよくいただいていて、
online shop作りますので、と言ってから
ずいぶんと月日が流れてしまいました。。!ごめんなさいっ。
しかもonline shopの類いではなくて、
ひどくアナログな、、ひと昔まえの感じ、、の通販。が、
できるサイトにリニュウアルです。

ここのところ、
なんというか、今までやってきて、一番手応えを感じていて。
絵の仕事も、そしてグッズのほうも。
継続は力なり、とは、本当にそのとおりかもしれない、と思います。
今年は、
スランプやら、過渡期やらと
どうもいつもとは赴きが違う自分がいて、
少し分からなくなったというか。。
立ち止まる、見つめ直す、そんな時期が続いていたのかもしれないです。

そんな時期があってこそ、
今日がきたなあと実感です。
あらたな目標に向かうことと、
そして情熱の復活です。

このblogをいつも
みてくださっている方々や、
絵の制作を依頼してくださる方たち、
ほとんどやっていないにひとしかったグッズ制作でもあるのにかかわらず、
問い合わせ、注文をしてくれた方たち、
そんな方たちの、
わたしの絵を
強く、好きだと思ってくださっている気持ちが
またあらたな情熱の息吹を
吹き込んでくれたんだなあって、
思っています。
[PR]
# by hikaridon | 2015-11-30 23:58 | magali

cobuちゃんKid's用スエット作りました。

copyright (c) Hikari Akasa 2015 All Rights Reserved.
11/27  2015

a0208997_19142771.jpg

「子ども用のスエット(トレーナー)って作ってないですか?
あったら欲しいです〜。」
というお問い合わせをいただいて、
そうね、今の時期はTシャツじゃなくってスエットよねっ。
と思い、作りました!
cobu(こぶう)の絵柄で注文いただいて。
本日納品しましたけど、早速二人が着てくれてるお写真を、ママが送ってくれましたーっ。

4歳(size-110) の弟くんと、6歳(size-130)のお兄ちゃんのご兄弟。
サイズジャストなのはきっと来年、とママはおっしゃっていました。
やっぱり成長どんどんしている時期ですから
すぐ着られなくなってしまうみたいで、
少し大きめのサイズを注文される方が多いですね。


もうですね、10分以上この写真を眺めています〜。
購入された方から、こうやってお写真いただくんですけど、
お子さんたちが、それぞれにほっんとにいいお顔で、
それでもって自分のTシャツやスエットを着ていてくれるので
ものすごーーくワックワクします!
単純に、ほんとに子どもが好きなんですよ。
おもしろいなーかっわいいなーーって。
自分の子どもでなくったって、胸キュンなのです☆
[PR]
# by hikaridon | 2015-11-27 19:37 | magali

BLOW IN THE WIND

copyright (c) Hikari Akasa 2015 All Rights Reserved.
11/25  2015

a0208997_024167.jpg


風の中へ
こころを連れて

風の中へ
踊るように

風の中へ
こころを連れて

風の中へ
知らない場所へ

         

     VIDEOTAPEMUSIC&やけのはら「BLOW IN THE WIND」より歌詞抜粋





24時までの入稿に間に合った!!
クリスマスのcardの依頼が今年もきた。
うれしい。
そしてこれをまた聴く。
「BLOW IN THE WIND」。
聴かない日はないくらい、そういえば。

それから、何となく見た
この二人の対談
すごく心に響いた。
[PR]
# by hikaridon | 2015-11-25 00:33

蜜柑がおいしい。

copyright (c) Hikari Akasa 2015 All Rights Reserved.
11/23  2015

a0208997_23352112.jpg

11月が、終わりに近づいて
12月に向かってる。

カレンダーを見ながら
明日から、年末まで、
おそらく駆け抜けるであろう
制作と仕事の日々に
ぼんやり思いを馳せています、蜜柑を食べながら。
蜜柑がおいしい。
おいしいわっ。

明日から、とか言って
今日までも、今年は駆け抜けたような、、気が、する。
不思議な一年。
あ、まだあと一ヶ月と少し、ありますね(笑。

不思議って思ったのは、
今までのおもむきと変わっていくような
閉じていた扉がひらいていくような、
そんな自分を感じたからなのかもしれません。
いわゆる、「変化」
というものなのかもしれないです。
でもそれは、
とてつもないんだけど、自分の内側で起きていることで、
外側へ向かっていくのは
きっと来年からなのかしら、って思っています。

そんな意味で、来年はなんだか楽しみです。
変化がもたらす恐さや不安を、少し通り過ぎて
自分の中の新しい目標みたいなものが生まれつつあります。
それは、わかりやすく「こういうことをする」っていう類いのことではなくって、
なんというか、
生きて行く「指針」みたいなもの。
もっと自分に頼って生きたい、
自分を信じてみる、が、
実感として、はじめて生まれつつあるのかもしれないです。
頭でおもうことではなくって
「実感」。
実感にまさるものはないですね、きっと。
そうしてやっと、やっと、足が一歩前に出せます、わたしは。
だから亀ですね、うさぎと亀なら。
確実に亀だわって思います。

でも、わたしという亀は
レースをしているのじゃなくって、
だからゴールなんてものはなくって
ただただ、生きることをしている。
自分を。
自分を発見していくのは、
困難だ。だけど、
一番面白い。


ああ、蜜柑がおしいい。
また蜜柑をむきました。
あまくてすっぱい
蜜柑が大好き。
[PR]
# by hikaridon | 2015-11-23 00:54